もしもお医者さんがメモ帳を配ったら…という勝手な事例研究

doctor-563428_640.jpg

なんてタイトルをつけましたが、
私は医療機関がこの手のノベルティを不特定多数の人に配布することは法的にOKかどうかの知見を有していません。
なのでここで書く記事はあくまでも私の妄想の中での話と割り切ってください。

ここで書いた妄想事例を真に受けて、そのまま弊社にメモ帳を発注。
その後厚生労働省から指導が入るなんて事態が発生しても、弊社としては一切責任を負いませんのでよろしくおねがいします。

(グーグル先生に一応お伺いを立ててみましたが、医療機関専門のノベルティ提供会社なるものがありますので、問題はないのかもしれません)

ひとくちにお医者さんと言っても開業医もあれば病院もあります。

今回は比較的裁量が多そうな開業医さんを対象に妄想してみましょう。

お医者さん。
いいですね。
人から感謝される職業です。
感謝されるんですから収入も良い。
みんなに頼られるお医者さん。
どこのお医者さんもみんな忙しそうです。

そんな中、閑散とする医院がありました。

その名は藪杉眼科医院。
ネーミングで相当のハンデを背負っています。

あなたはこの藪杉眼科医院の二代目として、今まさにこの医院の立て直しを図ろうとしています。
ですが、一旦患者の足が遠のいたものを挽回するというのは困難を極めます。
それは商売に置いても同じです。

下手な宣伝活動をすれば、いよいよあそこは駄目だとあらぬ考えを抱かせることにもなります。
苦境に立たされたときほど、慎重な行動を要求されます。

しかしこのまま指を咥えて事態の好転を待つわけにも行きません。
何かの行動が必要です。

隣町の出来杉眼科クリニックの勢いはとどまるところを知りません。
駐車場はいつもいっぱいです。

閑散としているとはいえ、全く患者さんが来ないわけじゃありません。
出来杉眼科は評判が良くて、腕もいいが、待ち時間が半端なくて嫌だとこちらに流れてくる患者さんもときどきいます。

あなたはこの患者層に目をつけました。

ある日、出来杉眼科から流れてきた40前後の女性患者にあなたは2冊のメモ帳を渡しました。

その表紙にはこう書いてありました。

「このメモ帳を40センチ離して書いてある文字を読んでください。」

そのコピーの下には大きな文字から順に小さくなる文字で、何かの文章が書かれています。
どうやら簡易的な老眼検査のようです。

ここに書かれている一行の文章が読めない、もしくは読みにくいとなると老眼の疑いがあるそうです。
また老眼であると思われた症状の裏側に別の病気が潜んでいるなんてこともある旨も書かれています。

メモ帳表紙をめくって、その本文を見るとその下部には

「大切な目の【あれ?変だな?】はお気軽にご相談ください」
「名前は藪でも見通しがきくスピード診療 薮杉眼科医院」
と書いてあります。

もちろん電話番号とURLが記載され、QRコードもしっかりあります。

しばらくして藪杉眼科医院の駐車場は満車になりました。


------------------------------------------------------
【マルト株式会社のオリジナルメモ帳製作専用サイト】
http://www.memomarto.com
合わせてご覧ください

お問い合わせは上記ウェブサイトから受け付けています。


この記事へのコメント