片くるみ製本以外のベスト製本は…

angry-1294990_640.png

片くるみ製本だと…

・表紙を裏側にくるりと回されて表紙に印刷した内容が手にした人に伝わらない。
・糊付けが弱いので、すぐに表紙を剥がされて本体だけで使用されるのはいやだ。

こういった声を聞きます。

さすがですね。
メモ帳を作って配るだけでなく、相手に渡った後のことまでちゃんとイメージできています。

先の先まで見通した深謀遠慮。
現代の諸葛孔明とでもいいましょうか。いや黒田如水でしょうか。

そんなあなたにこっそりとお教えしましょう。
片くるみ製本にはないメモ帳にうってつけの製本があることを…。

「はじめから申せ!」

と殿からお叱りを受けそうですが、ここはぐっとこらえてください。

我々、コスト面と機能面、そして印刷の鮮明性を重要視した結果


50枚綴りの片くるみ製本。
用紙は表紙がコート菊93.5k 本文が上質A35k。
印刷も表紙が片面4色カラー。本文は1色。


という仕様に行き着いたのです。

「相わかった。で、その方の申す製本とはなんじゃ。」

はっ。
平綴じ製本です。

平綴じ製本とは、例えば50枚の本文をボール紙の台紙と表紙となる用紙で挟んで、ホチキスで綴る製本です。

「ホチキス?そんなもんで本文を挟んではメモ用紙を切り離せんだろう!」

殿はお怒りです。
このままでは無礼であるとして打首になるかもしれません。
四条河原にあなたの胴体から離れた首がされされることになります。

もちろん平綴じ製本だけではメモとしての機能は果たせません。
あなたは秘中の秘を殿の耳元でささやきます。

ミシンでございます。

「ミシン!?」

はっ。
平綴じ製本で強度のある製本を実現化し、さらに本文に1本のミシン目を入れることで、
メモとしての機能性を担保させるのでございます。

「…たしかにメモとしての機能性は高くなるな。」

この平綴じ製本とミシンの組み合わせのナイスなところは、
まず表紙に厚紙を使用すれば、表紙と本文が分離させられることはほぼないということです。

想像してください、薄い紙をホチキスで止めてもそれは簡単にはがせます。
しかし非情に厚い紙だとどうでしょう。
平綴じのホチキス針は大変頑丈です。
それにゴツい表紙が閉じられているのです。
表紙を取り外すことは、重労働になります。
そんなことに労力を割く人はいません。

したがって表紙は本体と分離されることなく一体のものとして残るのです。

また、厚手の紙を表紙で使用することになるので、
それが裏表紙の方に回り込まされてしまう恐れも少なくなります。

それでいてミシン線が入っているので、くるみ製本のようなメモ帳としての機能性を阻害するなんてこともありません。

いかがでしょうか。

「なるほど、そちの秘中の秘しかと受け取った。」

殿は満足そうです。

平綴じ製本とミシンの組み合わせは、
世の中の文房具店で出回る商品としてのメモ帳でもよく見受けられる、
非常にガッシリとした製本になります。

がっしりするが故に、本文が50枚ですとちょっとボリューム的に貧相に見えてしまいます。
がっしりとした製本には、がっしりとした中身が必要ですので、
本文の用紙や枚数についても検討の余地が出てきます。

もしもご興味があればお気軽に弊社メモ帳担当にお問い合わせください。


------------------------------------------------------
【マルト株式会社のオリジナルメモ帳製作専用サイト】
http://www.memomarto.com
合わせてご覧ください

お問い合わせは上記ウェブサイトから受け付けています。




この記事へのコメント