もしもお弁当屋さんがオリジナルメモ帳を配ったら…という事例を勝手に研究

lunch-box-200762_640.jpg

「ええ。はい。そうです。」

時刻は11時半。
お客さんと電話をしているあなたの胸元がふと震えました。

電話対応をしながら、あなたはそこから携帯電話を取り出します。
すると通知が1件。

某牛丼チェーン店から新メニュー発表の通知です。
どうやら今日から1週間はサービス価格での提供となるようです。

「はい。ありがとうございました。それでは。」

あなたはお客さんとの電話を切ります。
再び時計を見ると時刻は11時40分です。

そろそろ昼ごはんのイメージを具体化させなければなりません。

そこに女性スタッフから一枚のメモ書きが。
どうやら午後一番で電話で商談をしたい上得意客があるそうです。

午後一番といえば常識的に13時。
残りの時間は昼休憩含めて1時間20分。

商談に備えての準備には最低でも30分はかかりそうです。
このままだと貴重な昼休憩が犠牲になります。

ふとあなたは気が付きます。
先程のメモの下段に救いの手のメッセージがあることを。

「電話一本で一個から配達。オーダーから30分以内で必ずお届け。忙しいあなたにピッタリの配達あったか弁当専門店。お電話今すぐ000-000-0000。」

あなたがそこに電話をかけたのは言うまでもありません。


この記事へのコメント