メモ帳本文の罫線について

メモ帳ばっかりよく飽きもせず記事書けるね。 そういう声が聞こえてきますが、仕方がありません。 ここはメモ帳研究所主任研究員ドクターメモの部屋ですから。 さて今回はメモ帳の本文についてです。 用紙の話ではありません。 印刷内容の話です。 まずは弊社のサンプルメモ帳の本文をご覧ください。 気になる点はありますか? 下部に印刷されているのは会社名とか取扱品目、連絡先といったもの。 上部にはちょびっとだけ会社のロゴマークが印刷されています。 メモをとるときのガイドとなる罫線も入っていますね。 印刷色はブルーですか。 写真を見る限り特に何のひねりもない一般的な本文ですね。 今まで散々、妄想を膨らませて本文にも効果的なコピーを入れたらどうでしょう的な提案をしてきたくせに、 いざ自社のメモ帳となるとオーソドックスなスタイルかよと突っ込まれそうです。 すいません。ここはちょっと目をつぶってください。 何の変哲もない印刷を希望されるお客様もいらっしゃいますので…。 さて、弊社のこのメモ帳本文。 ミソとなる箇所があるんです。 それはどれでしょうか。 答えは 罫線をミシン線にしていることです。 いろいろと言葉で説明してもピンとこないでしょう。 下の図をご参照ください。 ※クリックで画像拡大表示 左側が実践での罫線。右側がミシン線での罫線です。 どちらも色は黒。(業界ではスミといいます) 先の…

続きを読む