どうしてはがきサイズに絞り込んでいるのか?

弊社は「はがきサイズ」に絞り込んで、メモ帳の提供をしています。 メモ帳と一口に言っても、そのサイズは千差万別です。 その中でなぜ「はがきサイズ」なのか。 それを今回考えてみようと思います。 用紙にはざっくりとしたところで ・四六判 1091*788ミリ ・菊判 939*636ミリ ・A判 880*625ミリ という三つの規格があります。 上記二つがどうしてそのような名称で呼ばれるのか、 そういうことは下記のリンクをご参照ください。 JAGAT「四六判・菊判の語源を教えてください」 https://www.jagat.or.jp/archives/12908 大変ややこしいですね。 もうこの時点で自分で考えるのが嫌になります。 正直、わたくしこの業界に入ったときに混乱した覚えがあります。 簡単に言えば、四六判はBサイズの製品を作るのに適しており、 菊判やA判はAサイズの製品を作るのに適しています。 で、弊社はというと この菊判に対応した設備が充実しています。 従って弊社はAサイズの印刷物が得意だということになるのです。 Aサイズは皆さんにお馴染みだと思います。 【A4 297*210ミリ】 これは皆さん毎日のように利用されていますね。 でもこれではメモ帳として利用するにはちょっと大きいです。 【A5 210*148ミリ】 A4用紙の半分のサイズです。 どうでしょう。まだま…

続きを読む