創立50周年の記念品に何を用意するのか?

創立50周年。まさに節目の年。 この記念すべき日にあなたは記念品としてメモ帳を用意しました。 今を遡ること1年前…。 営業職であるあなたは、直属の上司から会社の周年事業の記念品担当に任命されました。 「え?そんなことは事務方にまかせておけばいいんじゃないですか。」 「だめだよ。日頃お客さんと接しているのは君だ。顧客目線の記念品を用意してくれ。」 「顧客目線っていっても、お客さんによってもらって嬉しいもののなんてマチマチですよ。」 「それは最大公約数で。」 一番困るオファーを上司は出してきました。 身の危険を感じたあなたはこう返します。 「せめて何かしらの条件をつけてください。予算はこれだけとか、こういったものだけは絶対に駄目とか。」 「できるだけ安いほうがいい。高くていいものは当たり前。安いけど、しっかりとお客さんに利用される物がいい。利用されなければただのゴミだからね。で、ついでに会社の宣伝になるものがいい。」 あなたはとりあえずググります。 「記念品 名入れ」「記念品 ランキング」「記念品 安い」「記念品 コスパ」「記念品 オリジナル」等…。 ひととおりリサーチをかけてわかったのは、やはりその手の記念品で一番無難なのはステーショナリーであることでした。 その中で群を抜いておすすめされるのがボールペン。 これはもらったら使います。ただペンについてはインクがなくなればそれでポイという使い捨てのものが多い…

続きを読む

対象は一体何を求めているのか?

グーグルで「メモ帳 オリジナル」とか「ノベルティ」とか「記念品 名入れ」で検索をすると、無数のサイトが表示されます。 表示されるサイトをクリックしてそこを訪問してみると、取扱点数の多いこと。 こんなメモ帳できます。こんなノベルティもあります。こんな変わりダネあります。これなんか人気ですよ。 もう情報の洪水です。 あなたが何かのプロジェクトを担当して、記念品のようなもの、ノベルティのようなものを用意しなければならない役回りになったとしましょう。 いきなり情報の洪水にぶち当たったら、一体何から手を付ければいいかわからないことになってしまいます。 記念品やノベルティで大事なことはあなたが用意したそれを、どういった対象に渡すのか。 そしてどういった対象に渡して、どういった結果を得たいか。 これが明確でないとノベルティや記念品はなんとなくの勘で用意するということになります。 「なんとなくこれが良さそう」 「なんとなく珍しいからもらった人の反応もいいだろう」 これが記念品やノベルティ手配を指名された担当者が陥りやすいトラップです。 原点に立ち返ってみましょう。 もしもあなたが貰う立場なら、その記念品やノベルティはどう思いますか? 役に立ちますか? 常時使うアイテムになりますか? 肌身離さず手元においておきますか? 何だこんなもんと捨ててしまいませんか? 弊社では実はメモ帳以外の記念品・ノベルティも取り扱っており、かれこれ15年…

続きを読む

どうして1種類だけの提供なのか

マルト株式会社のメモ帳は1種類だけの提供です。 その1種類というのも50枚綴りの片くるみ製本。 用紙は表紙がコート菊93.5k 本文が上質A35k。 印刷も表紙が片面4色カラー。本文は1色。 もう仕様はがんじがらめに決まっています。 「いろんなメモ帳を用意すると面倒くさいって言うのが本音なんでしょう。」 そう思ったあなた。正解です。 印刷ってやつの仕様は無限にあります。 その無限の仕様をウェブ上につらつら書いたところで、情報量が多すぎて読み手にかえって混乱を生じさせます。 あなたはどうですか? あなたはいろんな形状、いろんな紙質、いろんな仕様のメモ帳がほしいですか? 「はい。そうです。私はいろんなものを比較検討したいんです。」 そうあなたがおっしゃるのでしたら、私たちはお役に立てません。 なぜならあなたはメモ帳が欲しいのではなく、目新しいメモ帳のようなものがほしいからです。 私たちは前述の通り、一種類のメモ帳しか用意していません。 なぜか。 それはこの研究所のレポートを読むことでわかることと思います。 「面倒くさいって言ってたでしょ。」 はい。ですがそれは一面です。 ここにマルト株式会社のメモ帳研究の粋を集めます。 それらをご覧いただくことで、私たちがなぜ一種類のメモ帳に固執するのか、 その理由をご理解いただけることと思います。 是非サイト内を巡って、記念品のひとつとしての弊社のオリジナルメモ帳…

続きを読む