メモ帳の用紙研究 表紙編3

メモ帳の表紙。 グロス系かマット系かなどと考えてきました。 今回はその用紙の厚さについて考えてみましょう。 この厚さの表現が独特で、この段階でアレルギー反応を示してしまう人もいます。 何を隠そう私がそうでした。 なので【重量が重い=厚い】ということだけ頭に入れておけば問題はないかと思います。 ですが、あなたが一般ユーザーではなくデザインや制作を手がける立場でしたら、 基本的な知識としてこれは抑えておいてください。 用紙の厚さは「〇〇マイクロメートル」といった具合で表現されません。 「〇〇kg」と表現されます。 どうしてkg? メモ帳用紙研究 表紙編1でご紹介した「コート135k」という用紙を例に説明しましょう。 用紙は原紙を1,000枚積み重ねた重さで、その厚さを表現します。 つまり「コート135k」はその原紙を1,000枚積み重ねると135kgになるということですね。 ちなみにこの1,000枚の単位を「連」と言い、重さを示す135kgは「連量」と言われます。 で、どうしてマルトはこの連量135kgのものに表紙を選んだのでしょうか。 そのあたりを考えてみましょう。 まず135kgの前後にはどういった厚さのものがあるのでしょうか。 コート紙の厚さは下記のとおりです。 ・63kg ・68kg ・73kg ・90kg ・110kg ・135kg ・160kg ・180kg ずいぶんと多くの厚さが…

続きを読む

メモ帳の用紙研究 表紙編2

グロス系と言ってもいろいろな用紙があります。 代表的なのはコート紙。 そうです弊社が推している用紙ですね。 皆さんの目に一番良く触れるものとしては、新聞の折込チラシが代表例でしょう。 あれは一般的にコート紙の薄手のものを使用しています。 なので、サンプルを請求しなくても表紙の印刷仕上がりはある程度想像できると思います。 では他にグロス系の用紙でメモ帳の表紙を印刷するなんてのはないのか? もちろんあります。 前回記事にした高級感を全面に出すときや、ぱっと見をさらに追求する場合はコート紙ではちょっと弱い。 そういうときはこだわりコートやアートの登場です。 はたまた、印刷された用紙の表面にさらに加工を施すなんて技もありますよ。 例えばPP加工とかね。 まぁこの手のこだわり加工、こだわり用紙についてここで言及するとキリがないので、 それはまた別の機会で分析するとしましょう。 さて、どうしてマルト株式会社はコート紙を推すのかといえば、 それはもうコスト面だけのことです。 数あるグロス系の用紙で最もお手軽に仕入れて安定的な印刷品質を提供できるのがコート紙だからです。 先程チラシによく利用されていると言いましたね。 チラシというのは大量に印刷されます。 つまり需要がある。 需要があるものは価格が安くなる。 需要のあるコート紙は安い。 本当に理由はそれだけです。 「コスト面だけ追求して、一応グロス系だから…

続きを読む

メモ帳の用紙研究 表紙編1

弊社メモ帳の表紙はコート135k(菊判93.5k)での提供です。 今回はこの表紙になぜこの用紙を使用しているかを分析してみましょう。 一般的にコート紙というのは「塗工紙」と言われます。 この塗工紙というのは読んで字の如く、用紙の表面に塗料が塗布されています。 詳しくは下記リンクをご参照ください。(ウィキペディアですが…) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%97%E5%B7%A5%E7%B4%99 この塗工紙。大きく分けて2つの種類があります。 【グロス系とマット系】です。 グロス系というのは光沢のある紙。 マット系というのは逆に光沢を除いた紙です。 グロス系は光沢があるため、色乗りがよく発色も良い。 マット系も着色効果は高いのですが、落ち着いた仕上がりになるので文字などが読みやすい。 ということでグロス系はぱっと見での勝負、 マット系はじわっと高級感などを出した表現などに適しているというわけです。 瞬発力勝負の短距離走と持久力勝負のマラソンにちょっと似ているかもしれませんね。 このグロス系とマット系。 マット系のほうが高級感が出るとか書くと、マット系のほうが価格が高いのではないかと思われますが。 正直、価格差はさほどありません。 なので弊社としては表紙にグロス系のコートを選ぼうが、マット系の用紙を選ぼうがどちらでも良いのです。 ではなぜウェブサイトでコートに限定して…

続きを読む